お金の事情

今となっては贅沢なお金の使い方

大学生時代は親元を離れて一人暮らしをしていたので、毎月仕送りをもらっていました。

 

仕送りだけでも慎ましく生活すれば十分足りました。ただ、やはり大学生という解放感や、若さゆえの見栄もあり、ファッションや食べ物、お酒などにお金をかけることを覚え、そういった欲を満たすためにも自由になるお金が欲しくなりアルバイトをしていました。

 

けっこうしっかりシフトに入っていたので、月のバイト代は7〜9万円ほど稼いでいました。

 

仕送りと合わせると20万円を超える月もあって、大学生の割には優雅な生活を送っていたと思います。

 

正直にいうと、その後就職した初任給よりも月の収入が学生時代はあったので、就職したときの最初の給与明細を見て、心底がっかりしたのを覚えています。

 

稼いだお金は浪費もしましたが、教習所に通うお金をそこから出したり、車のローンを支払ったり、といった用途に主に使いました。

 

普段の暮らしに必要な分は仕送りを使わせてもらい、ちょっとした贅沢をしたいときにアルバイト代を使い、あとは貯金という使い道でした。

 

なので、大学時代には3回も家を引越し、それらのお金はすべて自分で工面しました。

 

今となっては一番自由にお金を使った大学生時代だったな、と感じます。